風邪に強くなる

ウイルスにも、季節の好みがある

風邪のウイルスのにも、水を嫌って湿度の低い冬に流行するものと、水が好きで湿度の高い夏に流行するものとがあります。

冬のウイルスの代表選手がインフルエンザ。

夏風邪の原因となるのが、コクサッキーやエンテロ、エコーなどのウイルスです。

湿度に関係なく1年中流行するアデノなどといったウイルスもいるのでご注意を!

ビタミンCは風邪に効く?

1960年代後半にビタミンCの大量摂取が風邪に効くという説が提唱されました。

いまだに、「風邪に対するビタミンCの大量摂取」のは批判も少なくはありませんが、1日1~4gの摂取(推奨量は成人100㎎/日)で、風邪の期間、重さが軽減したという研究結果があります。

胃への副作用を避けるため食後の服用がおすすめです。

今年の風邪は胃腸にくる?

風邪をひいたときにおう吐や下痢をすると「今年の風邪は胃腸にくる」などといいます。

1973年、冬期に乳幼児に起きる嘔吐下痢の原因として、ロタウイルスが発見されてから、胃腸炎ウイルスが次々に明らかにされました。

反面、風邪ウイルスがは胃腸炎の原因であるという証明はされていません。

冬に流行する風邪と嘔吐下痢は、どうやら別の原因によるようです。

冬夏にかかわらず風邪ウイルスは猛威を振るう可能性があるので体調には十分気を付けてください。