血圧130mmHgっていったい、いつの血圧?

血圧は常に変化している

収縮期血圧は130mmHgを超えたら要注意。
最近、よく聞く言葉ですよね。
でも、いつ、どのように測った血圧が130なのか、よくわからない人もいるのではないでしょうか。

血圧は、生活のリズムに合わせて細かく変動しています。
健康な人の一日の動きはこうなります。

朝起きると血圧が上がりはじめ、日中のよく活動する時刻に最も高くなります。
そして、家に帰ってリラックスできれば、血圧は下がり、就寝中は10%ほど低くなります。

また、仕事で興奮したり、忙しく活動すると血圧はぐっと上がります。
もちろん、激しい運動をしたときも同じです。
逆に、お風呂に入ったとき、お酒を飲んだとき、食事をした直後、トイレで小用を足したときには、血圧は下がる傾向にあります。

つまり、平均血圧(収縮期)が130mmHgでも、一日を通して考えればそれより高くなったり、低くなったりしているということになります。

いつ測ればいいの?

みなさんが気にするべき血圧は、一日平均ではありません。
測るタイミングは決まっています。
それは、朝起きてトイレに行き、朝食を食べるまでのリラックスした時間です。

起床直後に血圧は、ポンと高くなる瞬間があります。
それが落ち着いて安定したときに測るわけです。
食事をしてしまうと、低い値が出てしまいます。

以前は、血圧は病院で測るものでしたが、今は家で測る家庭血圧が重視されています。
病院で何時間も待たされたり、看護師さんやお医者さんの前で緊張すると、正しい血圧が測れないからです。

生活習慣病を気にする年齢になったら、血圧を測ることを毎日の日課にするといいでしょう。
血圧を測る習慣は、自ずと生活習慣を意識する戒めにもなります。

そして、病院を受診するときには、毎日の血圧の記録を持って行けば万全です。