人生をいつまでも元気に楽しむための日常生活での工夫

日常生活のちょっとした工夫

生活習慣病を改善する日常生活

中性脂肪が多い肥満は生活習慣病のバロメーター

更新日:

本来は緊急時の備え

よくコレステロールと中性脂肪はセットで語られます。
実際に、コレステロール値の異常と中性脂肪の異常は、「脂質異常」とひとくくりに扱われます。

しかし、コレステロールと中性脂肪は違うのです。
その違いを説明しましょう。

中性脂肪も健康を維持するためには必要な1つで、食品から吸収されるものと肝臓などで合成されるものがあります。
ここまではコレステロールと同じです。

使われなかったコレステロールが肝臓や筋肉に貯蔵されるのに対して、中性脂肪は内臓周辺の脂肪細胞に蓄えられます。
なぜ蓄えられるかといえば、飢餓などの緊急時に備えるためです。
また、中性脂肪はエネルギー源として使われますが、コレステロールはエネルギー源にはなりません。
そのため運動によって中性脂肪は下がりますが、コレステロール値はさがりません。

洋ナシ型とリンゴ型

中性脂肪が蓄えられる脂肪細胞は、皮下脂肪と内臓脂肪に分けられます。
主に女性は皮下脂肪が多く、男性は内臓脂肪がつきやすいといわれています。
その結果、女性は下半身が太くなる洋ナシ型肥満、男性はお腹がぽっこり出るリンゴ型肥満になります。

中性脂肪自体が生活習慣病の直接の原因になるわけではありませんが、インスリンの働きを阻害したり、血栓を作りやすくしたり、善玉コレステロールを減らすなど、間接的に悪影響を及ぼします。
また、内臓脂肪が増えることで血管や内臓を圧迫し、血圧上昇の原因にもなります。

中性脂肪は肝臓で合成されるといいましたが、その主原料が何か分かりますか?
実は炭水化物なんです。
したがって、ご飯、麺類、パン類、いも類などでんぷん質、お酒、糖分、乳脂肪などの摂り過ぎが、中性脂肪を増やすといえます。
つまり、肥満は生活習慣病のバロメーターということです。

なお、肝臓で中性脂肪が合成過多になり蓄えられると、脂肪肝という病気になります。
お酒の飲み過ぎが肝硬変になるのは、こうしたメカニズムによるものです。

-生活習慣病を改善する日常生活

Copyright© 日常生活のちょっとした工夫 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.