メタボと肥満はどっちがヤバい?

リンゴ型肥満が危ない

食生活の改善が必要かどうかは、その人の体型を見ればだいたい判断がつきます。
一番、危ないのは、ぽっちゃりとお腹の出た内臓脂肪型肥満、別名リンゴ型肥満です。
リンゴ型は腹膜の一部である腸間膜に脂肪が溜まっている状態で、男性に多いのが特徴です。
肥満にはリンゴ型のほかに、皮下脂肪型肥満、別名洋ナシ型肥満があります。

なぜリンゴ型が悪いのかは、科学的な根拠があります。
おなかについた脂肪細胞からは、糖代謝に重要な役割を果たすインスリンの働きを阻害する物質が出ることが分かったのです。
さらにインスリンがは働かないと脂質代謝も悪くなることも判明しました。

つまり、リンゴ型肥満になると血糖値が上がりやすく、さらに脂肪がお腹につきやすくなるというわけです。

メタボと診断されたら要注意!

それでは、メタボリックシンドロームと肥満はどうちがうのでしょうか。

日本肥満学会は、メタボに関して次のように定めています。
「おへその周りを測った長さ(腹囲)が、男性85cm以上、女性90cm以上。さらに高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つ以上該当する」

つまり、肥満体質の上に、生活習慣病がかなり悪化し始めている危険な状態といえます。
健康診断でメタボの烙印を押されたら、本気で改善に取り組むべきです。

一方の肥満は、BMI(ボディマス指数)という数字で判定します。
これは身長と体重を数式に入れて計算し、BMIが25.0以上になると肥満になります。

いわば肥満はメタボ予備軍で、生活習慣病になっていく稚魚のようなものです。
ただの肥満の段階で改善に取り組めば、深刻な事態は容易に避けることができます。