ノロウイルス食中毒予防のポイント

ノロウイルスは次のポイントに注意して、食中毒を予防しましょう

手洗いの徹底

手洗いは、手指に付着しているノロウイルスを減らす最も有効な方法です。

せっけん自体のはノロウイルスの消毒効果はあまりありませんが、せっけんをよく泡立てて手をしっかり洗い、ウイルスを洗い落とすことが重要です。

食事の前やトイレの後などのは必ず手を洗いましょう。

食品の加熱、調理器具の洗浄消毒

ノロウイルスは十分な加熱で死滅します。

加熱の目安は「食品の中心部分の温度が85~90℃の状態で90秒以上です。

また、使用後の調理器具は、よく洗った後で次亜塩素酸ナトリウム消毒薬や煮沸で消毒すると効果的です。

おう吐物・ふん便の処理

ノロウイルスの感染が疑われる人のおう吐物やふん便を処理する場合は、次亜塩素酸ナトリウム消毒液を含ませた布やペーパータオルで覆い、その後、ビニール袋などに入れてごみとして処理します。

汚れた床なども、次亜塩素酸ナトリウム消毒液を含ませた布で覆い、しばらくそのまま放置して消毒してから拭き取ってください。