ウォーキングを始めよう

楽しみながら歩く

ウォーキングは誰もが無理なく始めることができる、優れた有酸素運動です。
関節への負担も少なく、運動効果も期待できます。

ウォーキングが楽しくなったら、歴史散策や山歩きなどにステップアップするのも楽しいものです。
また、近くの公園で花や鳥との出会いを楽しむだけでも、知的好奇心を刺激してくれます。

正しいフォームで効果アップ

ウォーキングのポイントは正しいフォームです。

背筋をまっすぐに伸ばして、視線を前方に向けます。
歩きやすい姿勢をとると、背中が曲がって前傾しがちになります。
しっかりと腰を伸ばした状態で立って、そこから歩き出すようにしてください。

そして、親指の裏で蹴ってかかとから着地するようにします。
このときにふくらはぎに緊張感があることが重要です。
要領が分かったら、腕を軽く振ってみましょう。
リズミカルに歩けていますか?
まずは15分くらいから始めて、慣れてきたら30分くらいを目標にしましょう。

早く歩くことが目的ではありません。
しっかりしたフォームで運動効果を上げることを意識してください。

正しいウォーキングのフォームのポイント

  • あごを引いて頭がまっすぐ上に引っ張られるような気持ちで
  • 目線は10~15m先を見る感じで
  • 肩から腕を動かすようリズミカルに
  • ひじは軽く曲げて、手を前後に振って歩く
  • 腹筋を意識して歩く
  • 腰の位置が上下に揺れないように歩く
  • できるだけひざは曲げないように腰から前に運ぶように
  • 着地は必ずかかとで行う
  • 歩幅は「自分の身長-1m」を目安に