人生をいつまでも元気に楽しむための日常生活での工夫

日常生活のちょっとした工夫

生活習慣病を改善する運動・ストレッチ

とても忙しい方は通勤電車ストレッチ

更新日:

つま先立ちは全身運動

忙しくて運動の時間なんかとれない!という仕事人間のあなたには、通勤時間を利用した運動をおすすめしましょう。
まず、足を肩幅に開き、ゆっくりとつま先立ちをします。
なるべくつり革を使わない方が、効果があります。
つま先立ちをしたら10秒間キープします。
揺れる車内でバランスを取ることで、腹筋、背筋、大腿四頭筋など、体全体の筋肉を使います。

この運動のもう一つのメリットは、ふくらはぎを鍛えられることです。
ふくらはぎは、下半身に溜まった血液を心臓に押し上げる、大切な役割を担っています。
ふくらはぎのポンピング運動が衰えないようにしましょう。

つり革を使って筋トレ

次につり革の横棒をつかみ、手前に引いてみましょう。
握力、上腕、手首などに力が入りますね。
じわっと筋肉が緊張した感覚を確認してください。

今度は手の握りを変えて、向こう側に押してみます。
力の入っている筋肉が違うことを意識するといいでしょう。

そのほか、つり革をつかんで真下に引いたり、片足立ちをするなど、いろいろと考えられます。
これも習慣にできそうですね。

  • 足のむくみを解消し、筋肉を引き締める効果があります。
  • 背筋を伸ばし、かかとを上げて母指球(足の親指の付け根のふくらみ)で立ち、10秒そのままの姿勢を続けます。

-生活習慣病を改善する運動・ストレッチ

Copyright© 日常生活のちょっとした工夫 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.